PR
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
Apollo Lake(Pentium J4205)とX68000でミュージックサーバーを自作
先の記事の8801mkIISRの前に、ミュージックサーバーとしてX68000 EXPERTを使って自作PCを組んでみた。

ミュージックサーバーは既にMacintosh Classic II+Q1900DC-ITXのファンレス自作PCを2年半近く使ってて何の不満もなかったんだけど、一体型マックに飽きたのでいよいよマンハッタンシェイプに手を出した次第。巷では黒の方が人気あるのかな?初代が出たときから憧れの的で「いつかは68!」と思っていた自分には、68は黒よりもグレーだぜ!

無印68(グレー)は、鑑賞用としてここ数年棚に鎮座してる。いつかはこれで自作をとおぼろげに考えてる中、正月にEXPERT(グレー)の自作品を発見。面倒なスイッチ部分が加工済みだったのと(それが嫌だったから放っておいた)、80wのACアダプター電源が付いてるのが魅力で、「これで組立がかなり楽になるわい」と、あまり競らずにホクホク落札。D330だったから人気なかったのかな?
前所有者は相当苦労して自作されたであろう部分を随所に感心しつつも、IDE時代の自作だった故に細かいところの都合が悪くて、結局ほぼ全てイチから加工するこになってしまい、流用できたのはケースと電源だけだったという笑えないオチに(^^;) 高価なパンチングメッシュが加工済みでついていたのは助かりました。
ミュージックサーバーにWindowsなんて論外いう声があるのは重々承知、そんなのは別に良いのである。

これまで頑なに32bit版OSを使用していたのは、TileMenuとTrayMeterが使いたいからで、今回(やっと)そこが解決したので64bit移行を決定。ついでに、Windows 7 → Windows 10に大幅な環境変更断行。RAMディスクやら軽量化やらの設定で多少手こずったものの、使ってみたら何のことない、さほど違和感はなかった。素敵なフリーウェアを開発してくださった沢山の作者様には、心から感謝。それにしても64bitOSってえらいメモリ食うね。まったく。

TileMenuはWindows 95時代から使わせていただいており、挙動もシステムも熟知していてずっと手放せない。これまで64bit版OSを試用したとき、挙動が不安定で使い物にならん!やっぱ64bitはダメだ!でも他のランチャはどれもイヤ!……これが32bit版OSを使っている決定的な要因だったんだけど、このたび挙動の仕組みが判明。アクティブウィンドウが32bitアプリケーションだとコールでき、64bitアプリだとNG、だったのだ。これさえわかってしまえば、使用するアプリケーションを32bit中心にしてしまえばいいだけ(それもどうなんだか)、で解決。

TrayMeterは、「TCP Monitor Plus」と「NetWorx」の組み合わせで概ね代替できることが判明したので、こっちも解決。あと、「NetWorx」は無料版がVer.5.5.5までなので注意。ただ、実際使ってみたら「つくづくTrayMeterは偉大だったなぁ」なんだけどね。多機能はいらん、複雑なデザインもいらん。シンプル・単機能で、軽く見やすくわかりやすく、がいいな。

さて、用意したマザボはMini-ITX仕様のASRoc J4205-ITX。仕様だけ見ると、おぉ!のPentium J4205(4コア/定格1.50GHz/バースト時2.60GHz/キャッシュ2MB/TDP10W)。軽いサーバー用途なら不足はないものの、所詮Atomリネームなので、過度な期待は禁物。だからこそファンレスでもあるのだけれど。

68はランプ類の実機点灯パターンをすっかり忘れてて、改めて調べることに。回路解析能力があればディスク周りのランプを点灯パターンも含めて流用できるんだろうけど、そんな知識も技術ないですので、もともとのパーツを外して、別なLEDを固定。LEDを固定する場所が狭い上に明かりをもらさないようにする仕組みを考えるのにえらく苦労した(グリーンLEDは光が弱い)。何とか実機さながらの挙動に改造できたので、半田程度でヒーヒー言ってるノーテクな自分にはじゅうぶん満足なのだ。


画像がちっちゃくてイマイチ出来具合がわかりにくい。ロゴが消えているように見えるのは光の加減のせい。


リア。88SRよりは見れないこともない。

メインマシンがPC-8801mkIISR、サブPCがX68000とは、なかなかシュールでよい感じ。
数年後68に飽きたら、FM TOWNS 2(初代)で自作しよっと。Kabyはあと5年は行けそう。そしたら次は、PC-9801VM2かVX21かな。98なら筐体が大きいから、自作の難易度は格段に下がることだろう。
むふふ。
| デスクトップPC | 00:02 | comments(0) | - | - | - |
Kaby Lake(Core i7 7700K)とPC-8801mkIISRで自作PCを
30年前のかつての愛機PC-8801mkIISRをケースにして、1月に発売されたばかりのKaby Lakeを使って自作PCを組んでみた。約4年半ぶり、久々の自作。
7700Kで88SRは世界初!だったら(笑) 別に初でなくてもいいんだけど。

購入したのは最上位のCore i7 7700K。定格でしか使わないのに見栄っ張り(^^;)
これまで使ってた自作PCはCore i7 2600K(Sandy Bridge)だったので、コア数は同じでも消費電力も性能もかなり向上するんだろう、という評判。パワレポの販促冊子にも、2600Kとの比較がこれでもか!ってくらい載ってたし。

と方針が正月に決まって、Kaby発売1週間後にマザボ(ASUS H270のMicro ATX)、メモリ(DDR4 8GB×2)とセットでご購入。引っ越して初めてドスパラに行って、「ポイント入るから」と渋々スマホ会員に加入(スマホ嫌い)。
定員さんに聞いたら、今はレイテンシにはあまりこだわらなくてもよいとか。H270なので当たり前か。
今まで使ってたENERMAXの電源もファン軸辺りからかすかに異音が聞こえてたので(一旦組んだ後に気づいた)、あわてて再度ドスパラで現行ENERMAX製をご購入(80PLUS GOLD 550W)。やーこれ、ほぼ無音、素晴らしい。
CPUクーラーは、製品として出た当初から簡易水冷大好きっ子なので、こちらも新品ゲット。ドスパラ謹製4千円台?!って、今はそれが相場なのかと思ったら、そうではなくてドスパラ取り扱いの激安くんだったのですね。ほうほう。これを、12cmエベレスト2枚でサンドイッチ。ファンコン使ってなくてもすっごい静かだし、奮発したダイアモンドグリスでよく冷える。
黙ってられない性分なので、多分そのうち殻割もするだろう。定格なのに(笑)


ケースにゃラジエターはどう考えても入らないので、潔く外へはみ出させた。リアは完全に見えないので、かなり手抜き処理。
電源をケース内に格納してしまうと、排気よりも吸気が気になって仕方がないので、これも100均のカゴに入れて、SRの上に鎮座。
スカイリム専用として使ってたRADEON 6870は潔くあきらめて、オンボードに切替。スカイリムはヘボいゲーミングノートに任せた。だけど、もう1年以上してない(^^;) まぁ、今はあましゲームしないので、オンボードでも全く問題ないことに気づいちゃったので、時代が変わったのか自分がトシとったのか考えさせられた。まぁ、88いじってること自体、相当なおっさんなのだが。
さすがに、以前Athlox X2 5050eで88SR組んでたので、ノウハウは十分あって1週間で完了なり。ただ、Athlonはmini ITXだったので楽だったけど、今回はMicro ATXにサイズアップした分、配置と配線にはちと苦労。


正面は、ホワイトニングやり過ぎて、結構色が飛んでしまった。シクシク。


電源ランプは、初めV2モードだけ点灯させてだんだけど、このままだと永遠にV1もNも点灯しないのがなんだかもったいなく感じたので、組み上げた後にNモードも同時点灯するように変更。バランス的に、V1とV2にしとけば良かったと後悔。半田ゴテ5分で簡単に変えられるので、これはまた気が向いたときに配線いじろう。

ドライブ1
アクセスランプは、ドライブ1だけ買ってきたLEDに換装して点灯させて、ドライブ2はロックレバーを上げたまま点灯しないように配線。んー、でもドライブ2のランプが寂しそうだったので、こっちは純正ランプをそのまま利用して点灯するようにさせてみた。なんと、換装したのより暗いし、光り方もぜーんぜん違う( ̄□ ̄;)!!
ドライブ2
いや待て、確か、、、SRオリジナルのFDDアクセスランプって、、、透き通った感じで暗かった、、、かも。。。?
左右光り方が違うんだけど現役ユーザーだった身には、最新ではなく「当時の雰囲気をいかに再現しているか」の方がよっぽど重要だったりするので、いつかドライブ1の方もオリジナルランプに戻そう。それには、どーやってアロンアルファをはがしたらいいものか。SRの予備機があと2台あるので、そっちから持ってくるか…いや、それは勿体ないし、何より複雑なフロントパネルの加工やり直しがキツい。


フロントパネルを開けると、ディップスイッチ部分にUSB端子。


ドライブ2は、SDとマイクロSD。予想外に便利!

SR大好きなので、今3台、朽ち果てたのも入れたら4台所有。そのほかは、保存・鑑賞用として、基板やドライブや電源やら臓物は一切処分して、クリーニング・ホワイトニングをして飾ってあるのだ(^^;)
ちなみに88は、SR 4台、mkII、FR、FH、FE、VAがそろってて、更にPC-9801はVM2、VX21、FM TOWNS モデル2、Macintosh Ci、Macintosh Classic 2などなどが部屋に鎮座してる。そのうち完動はmkII、MH、FEの3台で、Mac Classic 2は去年までミュージックサーバー自作PCとして現役で使ってた。動かないのは、全て臓物を取っ払い軽量化済みで観賞用。

ちなみにこいつの1週間前に、ミュージックサーバーとしてApollo Lakeを使った完全ファンレス無音PCをX68000 EXPERTで自作していたのだ。
こちらは、SRののような臓物はみ出しはゼロなので、見た目もバッチリ(部分的に気にくわないところはあるが)。態は30年前なのに、どっちも中身は最新。。。あぁ、素晴らしい。一旦オールドPC筐体の自作を味わってしまったので、市販のPCケースには全く興味がなくなってしまった。
どっちかといえば工作の満足度は68の方が高かったので、気が向いたら68のことも書くかも。

| デスクトップPC | 12:43 | comments(0) | - | - | - |
OTL真空管パワーアンプを手に入れてみた
6080三極管真空管OTLアンプ。
他にも気になるパワーはあったのだけれど、どれも価格が折り合わなかったり、いまいち決定打にかけたりして、落札できなかった。
プリにLUXMAN CL35MK3(チューニング品)を使っているので、真空管プリとパワーを合わせたかったのだ。
これにAIRBOW TRV-88SER Vintageをつなげているのだが、単独で使っているよりも音が劣る気がしている。多分、相性なのだと思う。
もともとは往年のラックストーンが聞きたくてラックスパワーの探してただけ。なのだけれど、いつの間にか真空管パワー捜索隊になってた(苦笑)

で、遠回りしたものの、数百も出品されている真空管パワーを毎日毎日飽きもせず品定めをして、ついに選んだのがこの方が出品されているもの。これがまた、個人のハンドメイドとは思えないほどもの、すごくレベルの高い逸品。製品は写真で見るよりも高級感があり、まるで市販のメーカー品のよう。
ホーン型の自作JBL SPは指向性が強いにも関わらず(これがまた悩みの種)、SPの外側からまるでサラウンドのような広がりを持って聞こえてくる。帯域は上下に広く、高域はさわやかで曇りがなく、低域は38cmウーファーが軽々と鳴っている。きっちり低い音も出ており、非常に駆動力があると感じる。ヴォーカルの艶やかさやウッドベースのリアルさは堪えられない魅力を醸し出し、LUXMANのプリアンプとの相性が素晴らしくいいのだ。
これほどの音が出るとは驚くしかない。

今までいくつものトランジスターや真空管のパワーアンプを幾ばくのコストをかけながらとっかえひっかえ使ってきたものだけど、そのどれよりも抜きん出ている。
セパレートアンプはプリの支配力の方が大きいともっぱら巷の評なのだが、パワーでこれだけ音が変わる(しかもいい方向に!)とはうれしすぎる誤算ではないか。
素晴らしい!
| オーディオ・音楽 | 00:09 | comments(0) | - | - | - |
平成26年になってしまった
今年の年末年始はせっかくの9連休だったのだけれど、そもそも喪中でだらだら過ごす、というか、おとなしくしていることしかできなかった。
それはそれで骨休みになっていいと思っていたら、休み直前になって遠方の大変お世話になった方の訃報が届き、28〜30日は遙か600km先に泊まりで葬儀に出ることになった。

30日の夜には戻ってくることができたので、そこからは本気でだらだら過ごしていたのだけれど、そんな時間ほど過ぎてしまうのはあっという間、もう明日からは仕事、という日になってしまった。

しかし、これだけの連休というのは何年ぶりだろう。何年ぶりどころか、社会人になってからこれだけの連休ってあったっけ?というレベル。今年はこれまでになく忙しい年になるのは間違いないので、仕事と家庭を何とか両立していきたいと思う。

あと、今年はテニスをもっと上達しなきゃなぁ。せめて、社会人テニスをしていた17年ほど前のレベルには戻りたいなぁ。週2、80分のスクールじゃちっとも上達しないよまったくさー。
積みゲーも、4つくらいはクリアしたいな。ファミコン1つ、スーファミ1つ、88が1つに98が1つ、と。
| その日暮らし | 22:26 | comments(0) | - | - | - |
JBL自作スピーカーを手に入れてみた
仕様を忘れないための備忘録。
これをアムクロン、自作真空管、サンスイ、オンキョーらのパワーアンプ・プリメインアンプでとっかいひっかえ駆動。パワーアンプは、マッキーのミキサーをプリアンプ代わりに使用。数十万円クラスのプリアンプも足元にも及ばない音に感動。わっはっは。高い金払ってプリアンプを買うなんて馬鹿らしく感じるほどの素晴らしい音だ。

◎ 「たてまつ」製のエンクロージャー(当時2個で15万円位)
◎ ウーハ― 「2220H」 当時 2個で 定価 120,000円
◎ ドライバー 「2445J」 当時 2個で 定価 222,000円
◎ ホーン 「2386」 当時 2個で 定価 86,000円
◎ ネットワーク 「3110A」 当時 2個で 定価 100,000円
◎ 寸法 幅54×高さ83×奥行44cm ホーン部 高さ28cm 合計高さ 111cm

JBL 2220H/2220J ¥57,000(1台、1981年頃)
http://audio-heritage.jp/JBL/unit/2220h.html
【解説】
SRシステムなどのプロフェッショナル用に開発された38cmコーン型ウーファー。
振動板には軽量で剛性に富んだカーブドコーンを採用しています。
ボイスコイルにはエッジワイズ巻き銅リボン線ボイスコイルを採用しています。また、磁気回路にはJBL独自のSFG磁気回路を採用しています。
4560BKAなどのホーン型エンクロージャーにマウントして使用します。
2220Hには2種類のインピーダンスがあり、2220Hは8Ω、2220Jは16Ωとなっています
機種の定格
型式 38cmコーン型ウーファー
インピーダンス 2220H:8Ω
2220J:16Ω
許容入力 200W(連続プログラム)
音圧レベル 101dB/W/m
周波数帯域 40Hz〜2kHz
fo 37Hz
推奨クロスオーバー周波数 800Hz以下
有効振動板直径 33.7cm
ボイスコイル直径 10cm
磁束密度 11,500Gauss
Blファクター 22.5T・m
実効質量 0.07kg
有効エンクロージャー容積 170〜285L
外形寸法 直径388×奥行133mm
重量 10.4kg

JBL 2445H ¥140,000(1台、1983年頃)
JBL 2445J ¥119,000(1台、1992年頃)
http://audio-heritage.jp/JBL/unit/2445j.html
【解説】
広帯域にわたってフラットで低歪な設計がされたワイドレンジドライバーユニット。
振動板には厚さ0.05mmの高精度ピュアチタン・ダイアフラムを採用しており、リニアリティの優れたダイヤモンドサスペンションとあいまってワイドレスポンスと耐入力特性を向上しています。
機種の定格
型式 ドライバーユニット
インピーダンス 2445H:8Ω
2445J:16Ω
スロート径 5cm
許容入力(連続プログラム) 100W
音圧レベル 111dB/W/m
周波数特性 500Hz〜20kHz
クロスオーバー周波数 500Hz以上
磁束密度 19,000gauss
ダイヤフラム 0.05mmピュアチタン
ボイスコイル 10cmアルミ
外形寸法 直径235×奥行132mm
重量 13.6kg

JBL 2386 1985年発売 ¥50,190(税込、1台、2007年頃)
http://audio-heritage.jp/JBL/unit/2386.html
【解説】
小型・軽量タイプとして開発されたフラットフロント・バイラジアルホーン。 スロート径は49mmとなっています。
スピーカー・キャビネットへのフラッシュマウントや、コンパクトなクラスタ構成に使用できます。
水平面の指向制御は決めて正確に設計されており、中域で狭まったり、高域がビーム化するのを防いでいます。
さらに、複数のホーンをスタックすることで大型ホーンに匹敵する垂直面の指向制御が可能です。
ホーンのオーバーラップが最小で済むため、ロウビングや櫛形フィルタ効果を取り除くことができます。
カバレージ角の異なる2380A、2382A、2385A、2386は取付時の開口寸法が共通となっています。
機種の定格
型式 ラジアルホーン
スロート径 49mm
適合ドライバ 2446H/J、2450H/J、2485J
公称カバレージ角(水平×垂直) 40゜×20゜
指向係数(Q) 44.9(2kHz〜16kHz)
指向性指数(Dl)
16.5(2kHz〜16kHz)
使用最低周波数 350Hz
推奨最低クロスオーバー周波数 400Hz
構造 高密度ポリウレタン
寸法 幅445×高さ279×奥359mm
バッフル開口寸法 幅403×高さ238mm(前面取付)
重量 5.5kg

JBL 3110A ¥68,000(1台、1986年頃)
http://audio-heritage.jp/JBL/unit/3110a.html
【解説】
クロスオーバー周波数800Hzのディバイディング・ネットワーク。
ネットワーク専用に開発された高耐圧・無誘導・無極性コンデンサーや、精密な調整を行った低損失インダクター、苛酷な使用に耐える抵抗器、大電流用スイッチなどを慎重なテストの後に採用しています。
また、正確なクロスオーバー周波数を得るため低域に独自のインピーダンス補正回路を採用しています。
3110Aは2ウェイ用として設計されており、従来のトランス式3ポジション・アッテネーションに加えて高音域のブースト回路を新設しています。これによりSR用としてバイ・ラジアルホーンを使用した際に最適な周波数レスポンスを得ることが可能です。
機種の定格
型式 ディバイディングネットワーク
クロスオーバー周波数 800Hz
許容入力(連続プログラム) 300W
インピーダンス 低音域:8Ω
高音域:16Ω
高音域アッテネーション 6、8、10dBスイッチ
重量 1.9kg
| オーディオ・音楽 | 00:18 | comments(0) | - | - | - |
年越しに風邪をひいてしまった
バカよのう。
今年は、前半はPC、後半はオーディオに明け暮れた1年だった。
後半の、ビンテージアンプ、真空管アンプ、スピーカーの矢継ぎ早の入手には、自分でもあきれるくらい。アクセサリーやCDも買いあさり、ここ2ヶ月くらいは2日に1回は必ず何かが届いてた。

一番の感動は、JBLの自作SPかな。自宅であのホーンの音を聞けるとは、全く想像してなかった。だいたい、落札したのも、思いつきだし(^^;)
JBLに対しては、全くいい印象を持っていなかったんだよね。

JBLホーンには、真空管アンプ、そして、オールドジャズ。
王道と言われている(勝手に思い込んでいる)ものを改めて己の耳で確認して、何とも感動してしまった。
値段に引かれて衝動落札したJBLの自作SP、実のところ、本命はタンノイだったのだ。

いつかはタンノイ

もう20年以上になるかなぁ、ぼんやりとそんなことを思い続けてきたのよね。そんな夢が叶う日が来るのか来ないのか。まぁ、こない確率大ですな(笑)

10畳の部屋に38cmのユニットは大きすぎるのか(実際でかすぎ)、さらに、スイートスポットが異様に狭いのが玉に瑕ではあるものの、あたかも目の前に奏者がいるような臨場感は、半端ではない。この音の前では、音質を語ろうとは全く思わない。ただ、雰囲気に酔いしれるだけ。

とりあえず、今は真空管とホーンの音をのんびりと迎える時間を楽しもうと思う。1日30分くらいしか自由時間がないのがねー。

実は、今年一番のトピックは、仕事を辞めたことだったのだ。
17年の奉職、よかったのかそうでなかったのか。
| その日暮らし | 22:42 | comments(0) | - | - | - |
最近のオーディオ嗜好
突然、ビンテージオーディオに目覚めてしまった。
メインで使ってるシステムは、真空管。真空管とはいっても、昔ながらというモノではなく、AIRBOW TRV-88SER Vintage。恐ろしく細かい音が、情緒たっぷりに鳴ってくれる。
(お涙ちょうだいの音ではない)

SP、SPケーブル、DAC、レッツノートなんかが転がっていたから、アンプを買ってサブシステムを組むか、と思ったのが運の尽き。
気が付いたら、Lo-D HA-660、SANSUI AU-D907Xを落としてた(笑)
いつの間にかJBL 4305なんて届いてるし。
何故かオーディオ専用PCも作ってるし。
アンプセレクタも買っちゃったよ。

今のアンプに全く引けを取らない、実に雰囲気のあるアンプですよ。
これははまるわ。
ビンテージオーディオ、恐るべし。

| オーディオ・音楽 | 08:21 | comments(0) | - | - | - |
ハイドライド3SV 怪物パラメータ一覧
項目 戦士 強盗 僧侶 修道士
体力 32 52 70 24
腕力 10 14 8 16
魔力 7 0 23 13
精神力 50 2 86 52
魅力 13 17 14 20
重量 1,400g 1,960g 1,120g 2,240g
攻撃値 18 2 6 15
防御値 13 14 8 14
機敏さ 14 8 13 12
器用さ 11 9 2 14
教養 10 22 19 14
幸運 12 5 18 22
・98版
・値は参考値(上下幅あり)
・ガイザック戦闘時溶けやすい
・怪物出現確率1/150
※参考 チャレアベ
| レトロ・ゲーム | 00:05 | comments(0) | - | - | - |
雪ですなぁ
さすがに会津も吹雪。これはすごいわ。
秋田で4人が雪崩に巻き込まれた?
とにかく、雪雪雪。
吹雪の中、車で走っていると、道路と歩道と空の境界が全くわからない。
幻想的〜なんてのは始めだけ。
怖い。
ひたすらゆっくり。。。
| その日暮らし | 19:32 | comments(0) | - | - | - |
福島県が個人情報を買い漁る?!
http://twitter.com/#!/KamiMasahiro/status/116410377759236096
福島県から南相馬市立総合病院に「WBCのデータ、一例5000円出すから、福島県に渡すように」と連絡があった。「患者の個人情報」を何と思っているのだろうか。本当に、浜通にいると俄には信じられない経験をする。
(@KamiMasahiro)

ホントか?
福島県は個人情報を金を出すからよこせと?!


ついに県も狂ったか…
人気blogランキング

| 放射線との対峙 | 23:00 | comments(0) | - | - | - |
| 1/47PAGES | >>
おすすめ
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS