スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
自作兄弟〜兄、今最も旬なパーツPCで自作しちゃおう(2/2) その他パーツ編
「ほい、それじゃあ続き行ってみよか」

「えっと、じゃあ次はメモリあたりから?」

「んだね。メモリは、
ノーブランド DDR2 PC6400 1GB CL5
で。Core 2 Duo E6600は266MHz×9倍の2.40GHz動作。普通に考えればDDR2-533(266MHz)で十分だけど、当然オーバークロック狙いでDDR2-800(400MHz)を用意する、と」

「バルクメモリを買うあたり、傍若無人というか、人柱をいとわない兄ちゃんらしいね。オーバークロック耐性が貧弱だったり、デュアルチャネルで動かなかったりしたら泣いちゃうね。僕なら無難にUMAX Castor LoDDR2-800を選ぶけどなぁ」

「うるさい、このスペックオタクが!自分じゃ買えないのに、えらそうに言うな!」

「ちぇっ、兄ちゃんの自慢話に付き合うには、このくらい言わないと聞いてらんないんだよ」

「ん?また何か言ったか?」

「独り言だってば」

「独り言言うようになったら、人生終わりだぞ。じゃ、次はハードディスクな。これは、
Western Digital WD5000YS(SATA/500GB/7,200rpm/16MB)
だ。なんのこたぁない、SATAの500GBで一番安かっただけのハナシ」

「手を抜くところは、とことん手を抜く兄ちゃんらしいね。RAIDしないのも潔いいや」

「Windowsの起動やアプリの立上がりなんぞ、多少ガマンすればいいだけよ。1つのハードディスクが壊れてデータがみんな逝っちゃったら、それこそ目も当てられんわい」

「さすが」

「次は、光学ドライブだ。こいつは
IO DATA DVR-ABM16CBK

「あれ?兄ちゃん、国内有名メーカーBOXだなんて、やけにお金をかけるね。その選択肢ってアリ?」

「おう。まずはカートリッジ式のDVD-RAMが使えること。これに尽きる。兄ちゃん、数年前にバックアップしといたカートリッジ式のDVD-RAM、しかも2倍速用がいっぱい残っているから、メディアの信頼性も高いし、バックアップ用としてまた復活させようと思ってね。バルクだと、カートリッジ式使えるのがないんだな」

「なんだ、それだけの話ね」

「転ばぬ先のバックアップだぞ。兄ちゃんは以前、徹夜して仕上げた仕事のデータを、寝ぼけ眼でいじったらうっかり空ファイルで上書きしてしまって、泣きを見たからな」

「僕まだ学生だし」

「お前の集めたエロ画像みんな消しちゃうぞ」

「に、兄ちゃん、それだけは後生だよ〜」

「わかればヨシ。あとはアクセサリー関係になるね。
Scythe iGuard-BK
これは、4チャンネルのファンコントローラ。見た目は、同じScytheのKamaMeterのが上だけど、4チャンネルが独立して表示・操作ができるので、デザイン優先のボタン切替え式よりも、格段に使いやすいのがいいね。」

「僕ならデザイン重視でKamaMeterだけど」

「まぁ、好みは人それぞれだから別にいいよ。この前まではScytheのCool Watch使ってたから、ダイレクトに操作できないのがすごく不満だったわけさ」

「ふぅん」

「続いて、
Scythe KAMARACK3.5-BK
これは、3.5インチベイ用リムーバブルストレージケースで、モジュール化されたトレイ方式の2.5インチHDDケース、カードリーダー、USBハブを同時に2つ内蔵できて、さらに外付けUSBデバイスとして使用可能という一品だ」

「どうでもいいけど、兄ちゃんScythe好きだね。やけに説明的セリフだし」

「そうなんだよ。ニッチな需要に素敵に応えてくれるScytheは、マイフェイバレットなサンクチュアリだ」

「フェブラリーでしょ」

「マニュファクチュアだ。お前本当に学生か?」

「・・・」

「まぁ、いい。あとはこまごまとしたモノで、
AINEX 5インチベイ小物入れ/BB-01BK
シグマA・P・O CPUスタンド(CST001)
安いから、ついでに買っちゃったよ」

「兄ちゃん、そんなのいちいち報告しなくていいよ」

「にゃにおぅ。兄ちゃんは、お前が気になると思って微に入り細に入って全部暴露しちゃってるんだぞぅ。最後に
(WinXP Proセット)FA404MX(BK)
を買って終わりだ。カードリーダー付2モードフロッピードライブとセットのDSP版であるな」

「兄ちゃん、それって、思いっきりKAMARACK3.5-BKとカブってるじゃん」

「うぐ。確かに・・・」

「素直に、一番安い2モードフロッピードライブのセットのモデル買えばよかったのに」

「・・・」

「ケースは、既存のものを流用ってことでいいんでしょ?」

「・・・ハイ」

「そういえば兄ちゃん、Windows Vistaが発売になったね。買うんでしょ?」

「秋葉のカウントダウン、盛り上がったみたいだな。Vistaは、8週間以内にはBusinessが送られてくるから、それが来たらXPS M1210か自作デスクトップの方に入れるよ」

「8週間ってのが微妙だね。3月になっちゃうじゃん。兄ちゃん待ちきれないんじゃないの?しかも、どっちに入れるかも決めてないなんて、兄ちゃんらしくないなぁ」

「Vistaのアップグレードサイトに"8週間以内"って書いてあるから、しょうがないよ。マイクロソフトも、面倒がらずにさっさと送ってくれればいいのにさ。単にXPの買い控えを避けるのに、場当たり的に片手間でアップグレードサイトなんて作ってやるからこうなっちゃうんだよね」

「本当だよね。あのアップグレードサイトは、日本語覚えたての外国人と珍問答をやっているようで、最悪だったもんね」

「それと、Vistaも、RC1じゃ結構動かないソフトがあったから、メインの環境で使うにはまだ抵抗があるんだよね。モバイル機能がよくなっているから、XPS M1210で使うのがいいかな」

「悩むくらいなら、僕にちょうだいよ」

「やるか!」

「いーよ、兄ちゃんのケチクソ!」

「クソまで言うか!」

「なんだよ、ケチケチケチケチ、ドケチー!」

「にゃんだとぉ〜〜〜!!!」

…以下略。


もっと詳しいPC・ゲーム情報は日本最大の
人気blogランキングで


カウントダウン、行きたかったなぁ〜(T_T)
| 自作兄弟 | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
自作兄弟〜兄、今最も旬なパーツPCで自作しちゃおう(1/2) 主要パーツ編
「弟よ」

「あんだい、兄ちゃん?」

「母さんにもらった8万円は、そろそろ計画に移さないのか?」

「それなんだけどさ兄ちゃん、やっぱり8万円じゃ、Core 2 Duo E6600で自作は無理なんだよね。お年玉足しても10万円だよ。マザボとビデオカードとメモリ買ったら終わりだもん、無理だよぅ。クロックアップ前提にCore 2 Duo E6400でもいいかなと思ったけど、キャッシュが倍違うとパフォーマンスもかなり差が出ちゃうんだよね。Pentium Dと比べたら、圧倒的だとしてもさ。」

「ふうん、そっか。兄ちゃんさ、そろそろ自分のマシン組もうかと思っているんだ」

「マジで?!」

「前回のマシン組んでから1年経っちゃったし、今XPS M1210にご執心だけど、そろそろデスクトップに投資しようかなと思ってさ」

「えー、じゃー兄ちゃん、CPU何にすんのさ?AMD派の兄ちゃんだから、金にモノを言わせてQuad FXなんて言わないよね?うわ、イヤミ〜」

「バカたれ、いくら物好きな兄ちゃんでも、一番下のFX-70でさえ2個セットで8万円もするの買えるかって。Athlon 64 3400+Athlon 64 X2 3800+ときたから、久々にIntelに戻って、お前を悔しがらせようとCore 2 Duo E6600にしようかな〜。うひひひ」

「うわ兄ちゃん、そりゃないじゃん。僕前からCore 2 Duo E6600欲しいって言ってたのに〜」

「何を言う。せっかくショップブランドの良さを前回教えたのに、ちっとも行動に移さないお前が悪い」

「だってさー、ブツブツ…」

「まぁ、聞け。兄ちゃんの自慢話をな」

「ちぇっ、また始まったよ。いつも長くなるんだよなぁ」

「何か言ったか?」

「ううん(ブルブル)、じゃー何にするのさ」

「よし、じゃー早速。まずショップだけど、兄ちゃん今回は全部クレバリーから調達することにした。不幸箱で有名な、ね」

「うん、あのレビューって痛すぎるよね」

「そそ。パーツ切り分けて安いとこから買うのもいいんだけど、面倒だしね。クレバリーだって、十分安いし」

「僕なら、1円でも安いところから買うんだけどなぁ」

「うるさい、いいの!んで、CPUからな。さっき言った、
Core 2 Duo E6600(2.40GHz)
だ。4MBキャッシュの一番下のモデル。ここより上からは値段もかなり高くなるし、何よりもクロックアップ耐性が高いから、下位モデルで上位モデルをチキンにする、これこそが自作の醍醐味ってものだからね」

「うん、そうだよね。で、マザボはどうするの?」

「その前に、CPUクーラーが大事だぞ。クロックアップには、優秀なCPUクーラーをおろそかにしちゃいけない。
Scythe 侍Master ANDY(SCASM-1000)
これは、4千円程度と安いくせに、巨大なヒートシンクと12cmファンによる強力な冷却と静音性を兼ね備え、周辺チップも同時に冷却してくれる優れものだ」

「あれは、価格コムで評判いいからね〜。DOS/V Power Reportでもセカンドプライズだっけか、何かの賞とってたよね。」

「む、さすが弟よ、よく知っているな。次はマザボだ。
ASUS P5B Deluxe
これは、クロックアップ性能が非常に高く、P5Bシリーズでも傑作モデルと言っていい。今なら同じASUSから出たCOMMANDOがオススメだけど、品薄でいつ手に入るかわからんのよね。しかも高いし(涙)」

「名前からしてCOMMANDOなんてセンスいいよね〜、ASUSも」

「確かに。よくわからんけど、スゲーってカンジがするもんな。次、ビデオカードね。
Leadtek WinFast PX7900GS TDH 256MB
LeadtekはGeForce 6600GTの時使ってたけど、パフォーマンスと静音性が両立されていてとてもよかった。このPX7900GSも静音ファン付きだから、ファンレスのように排熱や空気の流れにそれほど気を遣わなくて済むのがいいし、7900には動画再生支援機能(*)も付いているので、動画再生時のCPU使用率も低くて済む。バリュー価格帯のビデオカードではコストパフォーマンスがとても高いから、これを選ばない手はないと思う。ATI派の兄ちゃんとしては、複雑な心境だけど…」

*動画再生支援機能"PureVideo"
従来のMPEG-2形式の動画再生支援に加えて、H.264/VC-1(WMV9)/WMV-HD/MPEG-2 HDの再生時にCPU負荷を軽減するハードウェアアクセラレーション機能を提供するもの。PureVideoのうちH.264アクセラレーション機能は、デバイスドライバーのアップデートをすれば、既存のGeForce 7xxx/6xxxシリーズでも利用可能(対応する再生ソフトが必要)。

「電源はどうするの?兄ちゃんだったら、ブレーカーのことも気にせずに1KW(1000W)電源買ってくれるんだよね〜?」

「バカ言うな。せっかく消費電力の低いCPUを使っていて、ビデオカードだってNVidia SLIやATI CrossFireを使うわけじゃないんだから、400Wもあれば十分なんだよ。スペックに踊らされて、無駄なことはしないの」

「兄ちゃんだって、エンコもゲームも大してしないくせに、Core 2 Duo E6600なんて過剰投資じゃんか(ブツブツ)」

「ん?何か言ったか?」

「独り言だよ〜(汗)」

「いろいろ考えたんだけど、電源は、今使ってる
Scythe STEALTH POWER SCY-SP450A
をそのまま流用することにしたよ。ファンレスなら350W、ファン併用でも450Wの出力があって、ファン全開にしてもほぼ無音の静粛性は、今でも十二分に現役として通用するから、変えるのがもったいないんだよね」

「うーん、確かに。これ以上の電源って、なかなかないよね。ヒートシンクのリアの出っ張りもそんなに大きくないし、静かだってのは僕もいいと思う」

「だろ?さすが弟、見る目があるな。それでこそ、兄ちゃんの使い古しのAthlon 64 X2 3800+を受け取る資格が…」

「ん?兄ちゃん、何か言った?」

「い、いや、この話の続きは次回ってことで」

「兄ちゃん、それじゃあ、これからってところでCM入れたり以下次号にしたりするのと同じだよ。こういう手で視聴者をつなぎ止めようと引っ張るのは、ずるいんじゃないの〜?」

「うるさい、これは単なる"会話"なの。どっかの誰かが勝手にブログのネタにしてるだけだから、おれは知らん」

「だそうです」


もっと詳しいPC・ゲーム情報は日本最大の
人気blogランキングで


これらのパーツは本当に買ったので、組んだらレビューしますよん。
| 自作兄弟 | 18:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
自作兄弟〜ショップブランドパソコンを斬る
「兄ちゃん、僕もそろそろ兄ちゃんのおさがりのノートにも飽きてきたし、兄ちゃんのようにデスクトップを自作したいと思うんだ。」

「おぉ、弟よ、それは思い切ったな。して、お金はあるのか。」

「ないよ。」

「ズコッ。お金がなきゃ自作はできないぞ。」

「兄ちゃんの余ったパーツがずいぶんあるようだから、それもらって組みたいなぁと思うんだ。」

「それでもいいけど、兄ちゃんが持っているのは旧世代のパーツが多いから、最新のCore 2 DuoやAM2のAthlon 64 X2のマシンは組めないよ。」

「そっかぁ。じゃあ、お母さんに頼んでみるよ。」

・・・

「兄ちゃん兄ちゃん、お母さん8万円までなら出してもいいって!」

「うそだろー。おれには自分の趣味は自分で何とかしろっていつも言うくせに(T_T)ったく、弟には甘いんだからなぁ。」

「じゃー、これでCore 2 Duo E6600で、メモリ2GB、ハードディスク300GB、RadeonX1950ProでVistaレディな自作ができるね!」

「ふむ、さすがパーツのチョイスはツボを突いているな。」

「でしょ?」

「だが弟よ、それだけで軽く10万円を超えてしまうぞ。スペックの勉強も大事だが、相場の勉強も必要だな、ははは。」

「ガビーン」

「それに、ディスプレイやケース、キーボード&マウスだって必要だし、忘れてると思うがOSも重要じゃないか。」

「それは兄ちゃんの使ってない…」

「トリニトロンでいいのか?」

「うん、ブラウン管の柔らかい画像は好きだし、ゲームやるならやっぱり液晶よりいいもん」

「確かにその考えは悪くないな。」

「でしょ?」

「ではOSはどうする?ライセンス違反はできまい。」

「あ…」

「根本的に金額が折り合わないから、どこかで妥協が必要だぞ。」

「でもデュアルコアでどうしても自作がやりたかったし…」

「ならば弟よ、ショップブランドパソコンではどうか?」

「ショップブランド?」

「パーツごと単体で購入して組むのは、好きなパーツを自由に選べる反面、どうしても割高になる。ショップブランドだったら、BTO(Build To Order)で自由度が高くてメーカー製にはない最新のパーツも選択できるし、パーツ同士の相性も心配ない。それに、ショップごとの保証もきちんとついているし、何より一から組むよりもかなり安くあがるぞ。」

「デュアルコアも大丈夫かな?」

「8万円あれば十分射程圏内さ。むしろ、予算ギリギリのCPUを選ぶのではなく、1ランク落としたCPUを選んでクロックアップするという素敵に自由度が高いのもショップブランドパソコンの魅力。メーカー製じゃこうはいかない。それでちょっと浮いた予算は、ほかの部分にまわせるしね。」

「安くて高スペックというのはわかったよ。そうは言ってもさ、しょせん出来合いのパソコンでしょ?自分でカスタマイズする楽しみはちょっと薄れちゃうね。しょうがないのかな。」

「弟よ、それは違うぞ。このパソコンこそが、自作マイスターへの第一歩なのさ。」

「どういうこと?」

「今、最高スペックのパソコンを買っても、時が流れれば必ず陳腐化する。メーカー製のパソコンだったら、汎用パーツはそれほどないからカスタマイズの余地は少ないよね。」

「それはわかるよ。」

「だけど、ショップブランドパソコンは、ほとんどが汎用パーツの組み合わせだから、規格さえ合えば、好きなパーツを予算や好みに応じて、いくらでも自由に入れ換えることができる。これが醍醐味なんだ。」

「なるほどー」

「その考えで、兄ちゃんが初めて買ったショップブランドパソコンがフェイス 製だったんだ。ちょうど秋葉原で創業したばかりで、セレロン300Aのクロックアップ耐性が高く、FSBを66MHzから100MHzにあげるだけでほぼ例外なく450MHzにクロックアップできて、自作業界がクロックアップブームにすごく盛り上がったんだよね。300MHzのセレロンAを、450MHz保証で売ってるショップもあったっけ。フェイス も大きくなったよな〜(遠い目)」

「(兄ちゃん、昔のこと話し出すと、いつも止まらないんだよなぁ)」

「だから、自作を目指す人間にとっては、ショップブランドパソコンが手っ取り早い登竜門ってことなのさ。」

「ふうん。それならすごく楽しそうだね。兄ちゃん、僕ショップブランドパソコンの勉強してみるよ。」

「ショップブランドパソコンといっても、アキバ系ショップの、ドスパラクレバリーツクモとかいっぱいあるし、もしかしたら、デルMCJの方が安いなんていうときもあるから、よくチェックした方がいいよ。」

「ふぅん」

「ただ、デルMCJも、基本的にパーツ交換は大手国産メーカー製に毛が生えたくらいだから、のちのちの大きなカスタマイズには不向きだけどね。ノートだったら、十分選択肢に入れてもいいけどさ。」

「僕は、今のところは自作デスクトップにしか興味がないから、ノートはいいや。だって、兄ちゃんからもらったK6-2のノートじゃ、今時ネット見るのもきつくて、なんか懲りちゃったんだよね。」

「タダでもらったくせに、文句言うな〜。」


もっと詳しいPC・ゲーム情報は日本最大の
人気blogランキングで


ベタなオチでもご勘弁(^^;)気が向いたら続きますぅ。
| 自作兄弟 | 07:27 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
| 1/1PAGES |
おすすめ
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS