<< 素敵なパーティーのご招待〜レトロゲーム大好きパソコン ラブ! に大激震! | main | 今日は忘年会なのだ〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
Vista時代のインターネットセキュリティは何?〜3大巨頭比較
Windows Vista RC1を入れたのはいいものの、問題はセキュリティ対策ソフトをどうするか。

Vista以前は、 XPS M1210 は標準で入っているウイルスバスター12VAIO PCG-SR9M/K には avast! 4 Home EditionZone Alarm と無難(?)に使い分けていた。

ところがここにきて、Vistaではウイルスバスター12が動かないことが判明(T_T)
それではと、フリーソフトウェアであるavast! 4 Home Editionをインストール、併せてZone Alarmをインストールしようとしたところ、Zone Alarmはインストールできない!
どうやら、Vistaに対応していないよう。

ここで、タイミングよく週アスにいい記事が掲載されていたので、現行セキュリティ対策ソフトについて調べてみた。ちょっとご紹介。

テスト項目 ウイルスバスター2007 ノートン インターネットセキュリティ2007 ウイルスセキュリティZERO
CPU使用率(*1) 21% 86% 19%
メモリ使用率(*1) 73% 51% 53%
ウイルススキャン時間(*2) 58分 1時間1分 26分
迷惑メール検出率(*3) 41通
97%
33通
57%
40通
70%
スパイウェア検出数(*4) 23個 12個 7個
セールスポイント 1本で3台のPCにインストール可能。別製品スパイバスターの機能をそのまま搭載。 パフォーマンスが大幅向上。インターフェースの簡素化。 年間更新料が無期限ゼロ円。すべて全自動。Vista公式対応はこれだけ。
ここが残念 設定変更がややわかりにくい。 定義ファイルのダウンロード時間が長い。 全自動以外の操作が戸惑いも。
(出典:週刊アスキー 2006/10/24号)

(*1)スキャン時の平均値。
(*2)テスト用ウイルスとトロイの木馬をコピー後、使用容量44GBのHDDをスキャンした時間。
(*3)迷惑メールは42通を含んだ、メール100通を受信。検出率は、迷惑メール判別数と、誤判定数から算出。
(*4)スパイウェソフト2種をインストール後、スキャンを実行。


このテストの疑問点。ウィルスの検出数が記事にない。その点にご注意。
それでも、そのほかが非常に参考になるのでご容赦を。

メモリ使用率はウイルスバスターが多いものの、CPU使用率ではZEROの軽さは驚異的なのと、ノートンの突出したCPU使用率は2006から相変わらず。
バックグラウンドにすればCPU使用率は他製品程度まで低下するものの、スキャン時間は延びるだろう。これだと、スキャンしながら別の作業の同時進行はきついか。デュアルコア必須。

迷惑メール対策は、デフォルトだとウイルスバスターの圧倒的勝利。ZEROは使い込むほど学習して検出率が上昇、ノートンのアンチスパム機能は、別途無償提供のアドオンパックが必要なのが面倒。

スパイウェア駆除は、専用ソフト「スパイバスター」を丸ごと搭載しているウイルスバスターが優秀。ZEROは、スパイウェアをインストールしようとすると警告メッセージを表示してくれる。
ノートンは、9個のアドウェア、3個のトラックウェアを検出。

こうしてみると、信頼度はウイルスバスターが圧倒的。なんといっても、1本のソフトで3台のPCにインストールできるのは魅力的。

突出した軽さと、平均的なセキュリティ性能なのがZERO。そもそもが安価な上に、年間更新料がかからないというのはすごい。ただし、緊急時以外のウイルスデータベースの更新は、ほかの2製品と比較すると遅いことに注意。

ノートンは、以前に比べれば軽くなったとはいうものの、ほかの2製品と比べるとPCへの負荷は高く、セキュリティ性能も後塵を拝してると言わざるを得ない。

はて、と、ここでVistaの観点から見てみると。

ウイルスバスター…インストールではじかれる(30日試用版)。
ノートン…不明(試用版がない、ケチ)。2006はインストール不可。
ZERO…Vista公式対応。

というわけで、Vistaも見据えて安心して今から購入できるのはZERO

ただ、ほか2つもRC1の現状ならいざ知らず、年明けにVistaが正式出荷されれば指をくわえてみているわけはなく、当然対応版を出すことでしょう。
既存ユーザーには、Vista対応パッチもね(多分)。

ちなみに、Vista RC1の推奨は、12月までの使用期間限定無料「PC-cillin Internet Security 14」。英語版、ウイルスバスターですね。

ウイルス対策ソフトが何も入っていないと、Vistaのセキュリティセンターから、このダウンロードページへ案内されます。つまり、Microsoftご推奨だと。
ということは、少なくともウイルスバスターは、対応は万全のようで。
 ↓コレ (ウチの XPS M1210 に今入ってるヤツ)


お金をかけたくないユーザーは、avast! 4 Home EditionとVistaに標準で入っているWindows Defenderで乗り切りましょう。


もっと詳しいPC・ゲーム情報は日本最大の
人気blogランキングで


ウイルスバスター2007 トレンドフレックスセキュリティ
総合ウイルス対策機能はもちろん、スパイウェア対策、フィッシング対策など、最新のインターネットの脅威に対応すべく各機能を強化。さらに、1つのシリアル番号につき、ご家庭にあるパソコンに3台までインストールが可能です。

ウイルスセキュリティZERO
ウイルスセキュリティから期間制限をなくした業界初の無期限セキュリティソフト。 「セキュリティソフトは年間更新が必要」という常識を打ち破りました。1度の購入で、Windows Vista公式サポート終了時まで使えます。

ノートン インターネットセキュリティ2007
インストールした瞬間から最新のオンラインの脅威からあなたのコンピュータを保護。バックグラウンドで常に機能し、スパイウェア・フィッシングサイトからユーザを守ります。高度な双方向のファイアウォール搭載。

ワタシは、Vista対応版が出たらウイルスバスター、出なきゃZEROかな。
| 市販ソフトウェア | 02:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| - | 02:10 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mickey01.jugem.jp/trackback/190
トラックバック
おすすめ
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS