<< こんな広告ってさぁ | main | RADEX RD1706とRADEX RD1008の初感 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
線量計にハマって
何の因果か、線量計にドハマり中。

RADEX RD1706を買ってから、今手元にある線量計が6つ。みんなヤフオク仕入れ。最後に落としたRD1008なんぞ、うっかり落としたのがロシア語バージョンだったもので、慣れようとしたが慣れられず、結局、再度英語バージョンを落としたというスーパーバカぶり。

だってさー、長々とした本文の最後に「メニュー言語:ロシア語」とは書いてあったよそりゃあ。でも、画像はボケボケでなんだかわからんし、本文に注釈くらい書いておけよーって。

以下備忘録。

リンク集
放射線・放射線測定器のメモ
放射線・放射線測定器に関する説明
【備えあれば】ガイガーカウンター 52機種スペックをまとめてみる【憂いなし!?】
放射線測定器の種類と一覧
シンチレーション式放射線測定器の一覧・価格
放射線測定器(ガイガーカウンター)のおすすめ機種
ガイガーカウンターでのβ線測定時の誤った表示について
放射線測定器(ガイガーカウンター)の測定値の平均計算ツールで線量を計算する
放射線測定器・ガイガーカウンターの測定値比較

ヤフオク出品チェック物
Terra
MKS-05
RDS-30(ダッシュ村で映ってたから相場高騰するか?)
polimaster
PM-1610

その他
放射線測定器 RAE Systems DoseRAE2 レビュー
ガイガーカウンター Polimaster PM1610 レビュー
ガイガーカウンター Polimaster PM1405 レビュー
放射線測定器 HORIBA PA-1000 Radi レビュー
RADEX RD1008購入記
省電力PCはこう作る!省電力PC作例集(Intel CPU編)〜自作PCの祭典2011より〜

いいと思ったけどがっかりくん
・堀場製作所 Radi PA-1000
 シンチ、エネルギー補償なしも高感度。食指が伸びたが9.999μSv/hまで。使えぬ。
・Mr.Gamma A2700
 見た目はショボいがシンチ、エネルギー補償あり。が、同じく9.999μSv/hまで。使えぬ。

なんでかっつーと、普通に空間線量100μSv/hのとこに入るから。感度よくても計測限界超えたら意味ないでしょ。今までMAX400だよ。それに、高線量のところに行ったら、だいたいみんないい数値になるし。

今手元にあるもの
・DoseRAE2 PRM-1200
・RADEX RD1706
・RADEX RD1008(ウクライナ版、英語版、各1台)
・SW83A
・自作ガイガーカウンター(ロシア製SI-22G使用)
更に、TERRAか1610あたりを買って、データ取りをして自分好みの数値が出た機種を残してみんなさばく予定。ヤフオク相場の半値でいいから、誰か買ってくれる人いないかしら(本気)。

あとから気づいたんだが、空間線量計測はパンケーキ型はあまり向いてないとか?雲母はぶっ壊れやすいというし、常時腰ベルトにくくりつけてるから、そのうち昇天してしまうか?高いものなのでベリー不安。

DoseRAE2 PRM-1200は、静電気に弱いのを除いて安定してる。それはいいんだが、立ち入りのときに測ったディファクトスタンダードの東電仕様のフジのと比較すると、
 フジ 6〜14μSv/h → DoseRAE2 22μSv/h
 フジ 50μSv/h → DoseRAE2 70〜80μSv/h
と、高線量地区では異様に差がついたのよね。おかげで、2hのもらった線量の比較では、
ポリマスター 27μSv → DoseRAE2 78μSv
とすさまじい差がついた。フジは毎時しか測れないので、ポリで積算測ってました(もちろん借り物)。

RADEX RD1706との比較 in 郡山市(とその近辺)では、
 RD1706 1.00μSv/h → DoseRAE2 0.60μSv/h
 RD1706 1.60μSv/h → DoseRAE2 1.10μSv/h
 RD1706 0.30μSv/h → DoseRAE2 0.16μSv/h
なんて差もついた。価格の割には非常にパフォーマンスが高いと評判だが(東京都でも貸し出ししてるそうだし)、自分的には???な評価。

逆に高評価を与えられるのは、RADEX RD1706。これも立ち入りしたときの東電仕様フジとの比較だが、10〜50μSv/hの高線量地区でほぼ変わらない数値を計測。高線量では計測方式でのあまり差が見られないとどっかで見たが、まさしくそのとおりだと。だからこそ、DoseRAE2が不可解なのだ。

ちなみに、フジの仕様は、充電式で20hほど、直近の3秒だかの平均値を0.5秒ごとに表示すると放管が言ってた。本当の仕様がどんなもんかは、面倒なので調べてない。テプラで「東電のだよ」と所有権を主張しておりました。一瞬「買おうかな」と思ったものの、弁当箱のようにでかくてジャマなのと、充電式は今回のような未曾有の危機のとき電源がとれないとオブジェにしかならないので、やっぱやめました。計測器に電池式が多いのはそういうわけなのだと、身をもって体感したよ。

ほいでさっき、各線量計を使ってデータ取りをしてみた。10,000cpmと思われる車のフロントワイパー付近を測ったところ、
 RADEX RD1706 6.4μSv/h
 RADEX RD1008 4.2μSv/h(γ線)
 (窓オープン) 720/c屐κ(β線)(*)
 TERRA MKS-05(黒) 5.0μSv/h
 自作GM管 3,300cpm

1706はβ・γ線でそのままの状態でジップロック、1008はγ線のみでジップロック、TERRAはβ・γ線で蓋付きそのままの状態で付属ポーチ、自作はGM管モロ出し(の仕様)ラップ包み。概ね、設計思想と状態でいい数値が出てるんじゃないかしら。標準値の1万は、アロカの数十万円ので計測したら出ることでしょう。

それでも、立り入りで受ける線量を考えたら、このくらいへのカッパですな。

(*)非常にわかりづらいRADEX RD1008のβ線モードの計測単位は「ベータ粒子束密度」を示し、単位は「パーティクル(粒子)/c屐κ(β線)」なのだそう。cpmとも違い、他の単位(たとえばcpm、Sv、ベクレル)に変換できるんだろうか…知りたい。

RADEX RD1008について
落札させていただいたのは、harenanthropusさんから。こちら、「福島の方へお届けしたいと測定器の販売を始めた」という方で、超わかりやすい美しい装丁の自作日本語マニュアル付きで、本当に真心のこもった対応と、充実したサポートをつけていただいており、1008を検討しているならこの方から落札してほしい!絶対後悔しません。
| 放射線との対峙 | 00:59 | comments(1) | - | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:59 | - | - | - | - |
コメント
TERRA落としちゃった。
液晶でかくなったBluetoothなし版。
わっはっは〜
| mickey | 2011/09/19 1:01 AM |
コメントする









おすすめ
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS