<< OTL真空管パワーアンプを手に入れてみた | main | Apollo Lake(Pentium J4205)とX68000でミュージックサーバーを自作 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
Kaby Lake(Core i7 7700K)とPC-8801mkIISRで自作PCを
30年前のかつての愛機PC-8801mkIISRをケースにして、1月に発売されたばかりのKaby Lakeを使って自作PCを組んでみた。約4年半ぶり、久々の自作。
7700Kで88SRは世界初!だったら(笑) 別に初でなくてもいいんだけど。

購入したのは最上位のCore i7 7700K。定格でしか使わないのに見栄っ張り(^^;)
これまで使ってた自作PCはCore i7 2600K(Sandy Bridge)だったので、コア数は同じでも消費電力も性能もかなり向上するんだろう、という評判。パワレポの販促冊子にも、2600Kとの比較がこれでもか!ってくらい載ってたし。

と方針が正月に決まって、Kaby発売1週間後にマザボ(ASUS H270のMicro ATX)、メモリ(DDR4 8GB×2)とセットでご購入。引っ越して初めてドスパラに行って、「ポイント入るから」と渋々スマホ会員に加入(スマホ嫌い)。
定員さんに聞いたら、今はレイテンシにはあまりこだわらなくてもよいとか。H270なので当たり前か。
今まで使ってたENERMAXの電源もファン軸辺りからかすかに異音が聞こえてたので(一旦組んだ後に気づいた)、あわてて再度ドスパラで現行ENERMAX製をご購入(80PLUS GOLD 550W)。やーこれ、ほぼ無音、素晴らしい。
CPUクーラーは、製品として出た当初から簡易水冷大好きっ子なので、こちらも新品ゲット。ドスパラ謹製4千円台?!って、今はそれが相場なのかと思ったら、そうではなくてドスパラ取り扱いの激安くんだったのですね。ほうほう。これを、12cmエベレスト2枚でサンドイッチ。ファンコン使ってなくてもすっごい静かだし、奮発したダイアモンドグリスでよく冷える。
黙ってられない性分なので、多分そのうち殻割もするだろう。定格なのに(笑)


ケースにゃラジエターはどう考えても入らないので、潔く外へはみ出させた。リアは完全に見えないので、かなり手抜き処理。
電源をケース内に格納してしまうと、排気よりも吸気が気になって仕方がないので、これも100均のカゴに入れて、SRの上に鎮座。
スカイリム専用として使ってたRADEON 6870は潔くあきらめて、オンボードに切替。スカイリムはヘボいゲーミングノートに任せた。だけど、もう1年以上してない(^^;) まぁ、今はあましゲームしないので、オンボードでも全く問題ないことに気づいちゃったので、時代が変わったのか自分がトシとったのか考えさせられた。まぁ、88いじってること自体、相当なおっさんなのだが。
さすがに、以前Athlox X2 5050eで88SR組んでたので、ノウハウは十分あって1週間で完了なり。ただ、Athlonはmini ITXだったので楽だったけど、今回はMicro ATXにサイズアップした分、配置と配線にはちと苦労。


正面は、ホワイトニングやり過ぎて、結構色が飛んでしまった。シクシク。


電源ランプは、初めV2モードだけ点灯させてだんだけど、このままだと永遠にV1もNも点灯しないのがなんだかもったいなく感じたので、組み上げた後にNモードも同時点灯するように変更。バランス的に、V1とV2にしとけば良かったと後悔。半田ゴテ5分で簡単に変えられるので、これはまた気が向いたときに配線いじろう。

ドライブ1
アクセスランプは、ドライブ1だけ買ってきたLEDに換装して点灯させて、ドライブ2はロックレバーを上げたまま点灯しないように配線。んー、でもドライブ2のランプが寂しそうだったので、こっちは純正ランプをそのまま利用して点灯するようにさせてみた。なんと、換装したのより暗いし、光り方もぜーんぜん違う( ̄□ ̄;)!!
ドライブ2
いや待て、確か、、、SRオリジナルのFDDアクセスランプって、、、透き通った感じで暗かった、、、かも。。。?
左右光り方が違うんだけど現役ユーザーだった身には、最新ではなく「当時の雰囲気をいかに再現しているか」の方がよっぽど重要だったりするので、いつかドライブ1の方もオリジナルランプに戻そう。それには、どーやってアロンアルファをはがしたらいいものか。SRの予備機があと2台あるので、そっちから持ってくるか…いや、それは勿体ないし、何より複雑なフロントパネルの加工やり直しがキツい。


フロントパネルを開けると、ディップスイッチ部分にUSB端子。


ドライブ2は、SDとマイクロSD。予想外に便利!

SR大好きなので、今3台、朽ち果てたのも入れたら4台所有。そのほかは、保存・鑑賞用として、基板やドライブや電源やら臓物は一切処分して、クリーニング・ホワイトニングをして飾ってあるのだ(^^;)
ちなみに88は、SR 4台、mkII、FR、FH、FE、VAがそろってて、更にPC-9801はVM2、VX21、FM TOWNS モデル2、Macintosh Ci、Macintosh Classic 2などなどが部屋に鎮座してる。そのうち完動はmkII、MH、FEの3台で、Mac Classic 2は去年までミュージックサーバー自作PCとして現役で使ってた。動かないのは、全て臓物を取っ払い軽量化済みで観賞用。

ちなみにこいつの1週間前に、ミュージックサーバーとしてApollo Lakeを使った完全ファンレス無音PCをX68000 EXPERTで自作していたのだ。
こちらは、SRののような臓物はみ出しはゼロなので、見た目もバッチリ(部分的に気にくわないところはあるが)。態は30年前なのに、どっちも中身は最新。。。あぁ、素晴らしい。一旦オールドPC筐体の自作を味わってしまったので、市販のPCケースには全く興味がなくなってしまった。
どっちかといえば工作の満足度は68の方が高かったので、気が向いたら68のことも書くかも。

| デスクトップPC | 12:43 | comments(0) | - | - | - |
スポンサーサイト
| - | 12:43 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









おすすめ
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS